HOME  >  Audi Special Content  >  Audi Women's Session Report
イベントレポート

【女性オーナーに聞いてみました】
Audi Women's Session Report

3月下旬、都内のギャラリーにAudi女性オーナーをお招きし、座談会を開催しました。参加されたのは、いずれも東京都心部にお住いの北薗様、中田様、関口様、奥田様。はじめての顔合わせでしたが、お互いAudiオーナーという親近感もあり、すぐに打ち解けられ話は盛り上がりました。皆様がAudiをどのように乗りこなし、またどう感じておられるのか、座談会の様子をお伝えします。

【参加者ご紹介】

北薗様

Audi A3 Sedan オーナー。
幼稚園、習い事など子どもを送迎するのに使用。

中田様

Audi TTS オーナー。
以前はAudi A1。もともと車業界に携わっていたこともあり、こだわりが強い。

関口様

Audi A5 Sportbackオーナー。
ゴルフ、テニス、スポーツクラブなどに行く際に車を利用。

奥田様

Audi Q3 Sportbackオーナー。
以前はAudi Q3。クルマ選びは主にご主人で、ご自身も運転したいと思っている。

今のAudi車を購入したきっかけと選んだポイントは?

北薗様:私の実家にAudi A3 Sportbackがあり、毎日のように乗って気に入っていました。そこで我が家でも、クルマの買い替えのタイミングでAudi A3 Sedanを購入しました。子供がまだ小さいので、動き回っても大丈夫な室内空間の広さがあり、運転もしやすいサイズだったのが決め手でした。

中田様:家の車庫が交通量が多い道路に面しているので、大きなクルマでは入出庫が億劫。そこで信頼感のあるドイツ車のなかから小さめのクルマを選んでいます。前のクルマは乗った時のフィーリングでAudi A1、いまのクルマは、主人の50歳の記念にAudi TTSを買いました。

関口様:Audi A5 Sportbackを購入し、いまは納車待ちです。このところワゴンタイプが続いたので、クーペタイプの4WDに乗りたくなりAudi A5にしました。これまでもAudiと他のドイツ車を交互に乗り継いできましたが、結局Audiに戻ってくるので、私たちにはきっとAudiがいちばん合っているんだと思います(笑)。

奥田様:主人と行くスキー場でAudiのポスターをよく見かけることもあり、Audiや4WDのquattroは主人の憧れでした。いまはAudi Q3 Sportbackで、旧モデルのAudi Q3からの買い替えです。私には少し大きいと感じますが、主人にはちょうどいいサイズのようです。

女性目線でうれしいポイントはどこですか?

中田様:Audiは思っていなかったところ、意外なところで良さを感じます。たとえば塗装ですが、雨が降った後でも、Audiは雨の染みがほとんどないんです。不思議に思って担当の営業さんに聞いたら、塗装が違うんですよって教えてくれました。それと、シートですね。Audi A1を買ったとき、嬉しくて出雲まで旅行に行ったんですが、往復しても腰が痛くなりませんでした。以前に国産車で京都を往復したときは、帰りに腰が痛くて辛かったのに比べると雲泥の差です。やっぱりドイツのアウトバーン(速度無制限の高速道路)を走るクルマは全然違うんだねって主人と話しました。

関口様:私は毎週のように友人たちとゴルフに行きます。交代でクルマを出しますので、ゴルフバッグを3つ積めるのがクルマ選びの条件のひとつなんですが、Audi A5 Sportbackはちゃんと3つ積めるんです。スマホを置くだけでワイヤレス充電できる機能も便利ですね。また前席にも後席にもシートヒーターがオプションでついているのは女性の友達に喜ばれますし、冬はステアリングヒーターも嬉しいですね。Audiのなかにはフロントシートにマッサージ機能も付いているクルマもあるそうなので、全車種にオプションで付くともっと嬉しいですね。

Audiに抱いているイメージを教えてください

関口様:ドイツ車のなかでもAudiはデザインが流麗で美しく、女性にも好まれると思います。また、今回Audi A5 Sportbackを購入する際にもいくつか試乗してみましたが、乗り心地と居住性の良さも気に入りました。今回のAudi A5 Sportbackは高級感も感じますね。オプションをひとまとめにしたフルパッケージも、値段が分かりやすくて好感が持てます。

北薗様:Audiのブランドイメージとしては、荒い運転をする人も少なく、品があってスタイリッシュな感じでしょうか。いろんな意味で主張が強すぎないバランスがいいと思います。私が乗っていたら、友達が「Audiってけっこうかわいいね」ってAudi Q2に乗り始めてくれて、わかってもらえた感じがして嬉しかったです(笑)。

中田様:ドイツ車御三家はいずれも技術力は高いですが、そのなかでもAudiは質実剛健のイメージです。壊れない、うまくまとまっている…。モノとしてしっかりしているんだと思います。私は自動車関係の技術者でしたので、その目線から見ても、モータースポーツで培った技術がしっかりと根底にあるのを感じます。

ショールームの対応はいかがですか?

奥田様:はじめてAudiを購入するときは、Audiの仲間にようこそという感じで歓迎してくれて、オーナーになる喜びを感じました。担当セールスからの連絡の頻度はそれほど高くなく、メンテナンスの時期とか、乗っているクルマのモデルチェンジのタイミングで来るくらいで、押しつけがましくなくてちょうどいいと思います。ショールームの雰囲気も大切ですが、なによりも担当セールスがしっかりしてくれているのでAudiは信頼しています。

北薗様:私も、強い売り込まれ方をされるのは苦手なんですが、Audiの担当セールスからの連絡は寄り添ってくれる感じで私にはちょうどよかったです。半導体不足で納車の時期がかなり遅くなることも素直に教えてもらえましたし、こちらの要望を満たしたクルマのなかから、比較的早めに納車できるクルマやオプションに絞って探してくれたことも好感が持てました。

中田様:いくつもの外国車ディーラーに行きましたが、Audiはオーナーではない人にも丁寧な対応で、ショールームの居心地もいいと思います。

2時間におよんだ座談会でしたが、お互いにAudiを選んだ間柄ということもあり会話も盛り上がり、あっという間に時間が過ぎていきました。それぞれの方が抱くAudiへの想いやイメージ、魅力などをお話しいただくことで共感や普段気付かなかった新たな魅力も発見いただけたのではないでしょうか。
弊社としましても今回皆様からいただいた貴重な意見はいずれも参考になるものばかりで、今後一層Audiの魅力の発信とご満足いただけるサービスを提供していきたいと気持ちの引き締まる機会にもなりました。
これからもお客様の声に耳を傾けながらよりよいAudiライフをお届けできるよう尽力してまいります。

お車のご検討はぜひお近くの弊社ショールームへご相談ください。

店舗一覧はこちら