HOME  >  Audi People  >  Audi 調布 テクニシャン | 水越 俊弥

Audi People

Audiに携わるスタッフの日々の業務に対する情熱やこだわりなどをご紹介。
お客様のAudiライフを支える高いクオリティ、その背景に迫ります。

※掲載内容は2020年7月3日時点のものです。

Audi 調布 テクニシャン | 水越 俊弥

弊社ならではの知識と技術力で、
オーナーの方が望まれる以上のメンテナンスを目指しています

自動車整備士としてこの業界に入り、Audi TTのハンドルを握ったことがきっかけで、その技術力の高さに触れたいという想いから弊社に入社した水越。それ以来12年のキャリアを積み重ねていく中で、いまお客様のご要望に変化が見られるという。そんな彼に、自身のこだわりや最新のトレンドについて聞きました。


普段の仕事の内容とこだわりを教えてください

アフターサービスの仕事は、一言でいうとクルマのコンディションを整えることです。車検や何かしらのトラブルでお預かりしたクルマを完調な状態に保つのが任務です。トラブルでの入庫の場合、オーナーの方が気にされている現象を解決することは当たり前として、他に気になったことがあれば必ずチェックして必要な処置やご提案をしています。わかりやすい事例を挙げますと、たとえばワイパーブレードのゴムは紫外線などでどうしても劣化しますが、これを新品に交換するだけで雨の日の視界不良も軽減され、安全性や運転のしやすさも変わってきます。もちろん、普段の運転では気づかないところも同様に点検しています。こうしてオーナーの方の期待を上回ることが、私たちに求められていることだと思います。

オーナーの方からはどのようなご要望がありますか

最近は、車内の除菌ができないかというお問い合わせを多くいただきます。新型コロナウィルス感染症が蔓延するなか、やはり気にされている方は多いようです。そこで「空間除菌&室内消毒」と「エアコンクリーニング」をオススメして施工する機会が増えました。「空間除菌&室内消毒」は室内の清掃、消毒液での清拭、高濃度スチームでの空間除菌がセットになったもので、作業が終了した箇所にはお引渡しのときまでビニールカバーを取り付けます。「エアコンクリーニング」は、車内の空気を冷やしたり温めたりするエバポレーターという機器に専用の薬液を高圧噴霧するものです。エアコンから漂ってくるニオイの原因の大半はこのエバポレーターに繁殖したカビやバクテリアですので、健康にもいいものではありません。エアコンのクリーニングで車内を新車時のように清潔で爽快な空間に戻すことができるので、オーナーの方からもご好評いただいています。

クリーニングをAudi Japan Salesで行うメリットはなんですか

それはやはりAudi正規ディーラーですので、スタッフ全員がAudiの専門知識を持ち、整備やクリーニングにも専用にチューニングされた道具や薬剤を使用していることです。たとえば空間除菌などは自動車用品店でも行えますが、弊社の場合は薬剤の成分や量もAudi専用に設計されていますし、施工する担当者もAudiを熟知しています。もちろん、作業時に内装を傷めるようなこともありません。またエアコンクリーニングは1年に1度をオススメしていますが、前回の施工時期なども把握していますので、無駄もなく効果的なタイミングでメンテナンスができます。エクステリアのコーティングも同様で、Audiの塗装は国産車とは硬さなども異なりますので、やはり弊社で行っていただくのがベストだと思います。

今後の目標を教えてください

クルマになんらかのトラブルがあっても、その場所や原因が分からないこともあります。そんなときに重要なのが、“経験”と“気づき”だと思います。経験を積むことで、見ただけで対処できることも増えてきます。その一方でクルマもどんどん進化していますので、似たようなトラブルでもその原因は以前と全く違うということもあります。そこで気づきやひらめきが重要になってくるのです。
アフターサービスの仕事が面白いと思うのはまさにここで、私はクルマのコンディションを高めるこの仕事に誇りを持っています。日本最大のネットワークを展開している弊社だからこそ実現できる店舗間のナレッジシェアを活用しながら、これからも現場のスペシャリストとして直接クルマに触れられればと考えています。

Original Service

Original Service

空間除菌&室内消毒クリーンをはじめ、紫外線 & 赤外線カット透明フィルム施工やプレミアム手洗い洗車など、様々な弊社オリジナルサービスを取り揃えております。

詳しくはこちら