2018
ニュース詳細
HOME  >  ニュース一覧  >  Audi on demand:プレミアム モビリティ サービスを日本で初めて導入
2018/06/04
Audi on demand:プレミアム モビリティ サービスを日本で初めて導入
アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、日本で初めてアウディのプレミアム モビリティ サービス Audi on demand(アウディ オン デマンド)を導入、本日よりサービスを開始いたします。
 
Audi on demandは、アウディがグローバルに展開するプレミアム モビリティ サービスです。 お客様はスマートフォン等のAudi on demand専用サイトwww.jp.audiondemand.comで予約していただくことにより、サブブランドAudi Sport(アウディ スポーツ)のAudi R8、RSモデルや、人気のSUVを含むアウディの多彩なモデルを、コンシェルジュによる無料車両引渡し・引取りサービス付(*1, *2)レンタルサービスによりご利用いただくことができます。日本では東京プリンスホテル(港区 芝公園)を拠点にサービスを展開します。
 
アウディは、デジタル化、サステナビリティ(持続可能)、都市化といった、急速に進む環境の変化に積極的に対応すべく、企業のビジョンAudi.Vorsprung.2025を打ち出しています。それはアウディがつくる、高性能で高品質な車両をベースに、お客様一人ひとりのニーズに合った、持続可能なプレミアムモビリティを提供するというビジョンです。Audi on demandはその一環となる、幅広いお客様にブランド体験の場を提供するプレミアム モビリティ サービスです。アウディは2015年よりこのサービスを開始。これまでにサンフランシスコ、ミュンヘン、香港、シンガポール、北京、マンチェスターで導入しており、東京は世界で7番目の都市、9番目の拠点となります。
 
ご利用に際しては、スマートフォンをはじめとする幅広いデバイスで利用可能なAudi on demand専用サイト上で初回会員登録のあと、車両を選択し、最小サービス単位4時間から最長30日までの間の利用日時と、車両引渡し・引取り場所を指定(*1, *2)するだけで予約が完了します。ご利用当日には、Audi on demandのコンシェルジュが、車両の特徴・機能を説明して引渡しを行います。
 
Audi on demandのサービスには、コンシェルジュによる無料車両引渡し・引取りサービス(*1, *2)、燃料満タン返却不要、走行距離無制限、自転車用ルーフラック・ルーフボックス・チャイルドシート・冬季にはスタッドレスタイヤの無償提供(*2)、24時間のエマージェンシーサービスが含まれます。例えば、これらすべての条件を含む、人気コンパクトSUV Audi Q2 1.0 TFSI sportのご利用金額は、1時間2,100円(最小サービス単位4時間)1日(24時間)21,000円です。
 
日本におけるAudi on demandの運営は、アウディ ファイナンシャル サービス(*3)(代表取締役社長:横瀬 正幸、本社:東京都品川区)が行います。
 
アウディジャパンは、Audi on demandを通じて、アウディを気軽に体験していただき、これまでアウディに乗ったことがない方、大都市において自動車を所有はしなくとも質の高いモビリティサービスを求める方に対しても、新たなブランド体験の場所を提供してまいります。
 
*1: 都内指定エリア範囲内
*2: 予約状況によりご希望に添えない場合があります。
*3: アウディ ファイナンシャル サービスは、フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社が運営する事業部門です。