2018
ニュース詳細
HOME  >  ニュース一覧  >  アウディ ジャパン、レース参戦プログラム「Audi race experience」を開設
2018/03/26
アウディ ジャパン、レース参戦プログラム「Audi race experience」を開設
アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、アウディ オーナーのために、より安全に楽しく運転するためのドライビングスキルを提供する恒例のプログラム「Audi driving experience(アウディ ドライビング エクスペリエンス)」を2018年も開催いたします。そのプログラムの一環として、本年度新たにオーナーが実際のレースへの参戦権が得られるプログラム「Audi race experience(アウディ レース エクスペリエンス)」を実施いたします。
 
「Audi driving experience」は、アウディのパフォーマンスや安全性能を、存分に体感できるドライビングレッスンプログラムです。2001年にスタートし、今年で18年目を迎えるもので、これまでに2000名以上のお客様が参加してきました。
 
プログラム内容は、日常の安全運転に役立つ「Active safety(アクティブ セーフティ)」から、ドイツ ノイブルグに設立されたAudi driving experience centerにてAudi R8のドライビングを体験する「R8 experience tour(R8 エクスペリエンス)」など、お客様の目的やドライビングスキルに応じた幅広いラインナップを揃えています。なかでも、「Audi driving experience」の特徴でもあるモータースポーツプログラムには、未経験の方でも手軽に始められる「Circuit trial Training session(サーキット トライアル トレーニング セッション)」を設け、楽しみながらドライビングテクニックを習得できる内容となっています。さらに上級の「Circuit trial Time trial session(サーキット トライアル タイム トライアル セッション)」は、アウディ ジャパンが独自に開発したプログラムで「Circuit trial Training session」に参加した方、またはJAFのモータースポーツライセンスをお持ちの方を対象にしています。このプログラムは、富士スピードウェイのレーシングコース上に特設コースを設置して、モデル、排気量によるクラス分けを行い、タイムを競うものです。
 
今年新たに追加するプログラム「Audi race experience」は、「Circuit trial Time trial session」での総合優勝者1名に特別賞として、Audi Sport GmbH生産のレース車両 Audi RS 3 LMS を使用するスーパー耐久シリーズにスポット参戦する権利が与えられるものです。
 
アウディ ジャパンは、「Audi driving experience」に新たなプログラムを用意することで、次世代のジェントルマンドライバーに向けた夢の第一歩を提供いたします。またカスタマーレーシングの裾野を広げ、レース界に貢献したいと考えています。
 
アウディは、Audi Sportの主導のもと、2016/2017シーズンから、電気自動車によるFIA フォーミュラEレーシングシリーズに本格参戦しています。またAudi RS 5 DTMでDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦。さらに、カスタマーモータースポーツとしては、Audi R8 LMS GT3ならびにGT4、Audi RS 3 LMSを供給して、世界中のプライベートチームのモータースポーツ活動を支援しています。
 
現在、Audi Sportを、アウディのスポーティなブランドイメージをより一層強調するサブブランドとしてグローバルで展開しており、日本国内でもコミュニケーション拠点として、Audi R8ならびにRSモデルを販売するAudi Sport店を全国で31店舗展開しています。